ある青年が訪ねてきた
ボソボソと何かを話す

生まれてきた意味が分からない...
やりたいことが見つからない...
何をしても長続きやしない...

僕は思った
君なら大丈夫!
ここにこうして自分の力で来たじゃないか

やりたいことが見つからない事は
まだ探せるチャンスが無限にあること、
この先が楽しみだ

何をしても長続きしない事は
自分に向いていないだけのこと、だんだん的が絞れる
この先が楽しみだ

変なことをいうオヤジと言わんばかりに
僕を見る青年が

立派な治療家になった
人の心の痛みがわかる優しい治療家になった
人を笑顔にできる笑顔の良い治療家になった

僕の想うこと
過去は変えられる
人生は人の出会いで変わる時もある

僕はそう言う存在ありたい

あの頃を忘れたかのように
最近の心境やたわいもない話で
会話が弾む
遊びに来てくれた あの時の青年

僕は想う
この仕事をやってよかった